子供の矯正治療

なぜ噛み合わせや歯並びが悪くなるのでしょう?

普段からお子様の生活習慣、食生活などに注意をしてあげてください。
ご両親の日々の注意がお子様の歯並びだけではなく様々な健康を守ることになります。
少しでも疑問や気になる事があればご相談ください。

普段からの何気ない癖

指しゃぶりや爪を噛む。口をいつも開いていたり頬づえをつくなどのお子様によくある癖は噛み合わせや歯並びを悪くする原因になります。
指しゃぶりなどの癖は3歳くらいから注意し少しずつ治していくことが必要です。

先天的な問題

遺伝が顔や体格などと同じように噛み合わせや歯並びもご両親の影響を受けます。
ご両親が歯並びが悪く、矯正をおこなっていたとしても遺伝ですのでお子様も噛み合わせや歯並びが悪い可能性があります。
他にも先天的な問題として歯の数が少ない事や乳歯から永久歯への生え変わりの異常などが影響をあたえる場合もあります。

食生活

食べ物を食べる際に柔らかいものばかりを食べる、良く噛まずに飲み込む、片側の歯だけで噛むなど普段の食生活は歯や顎の成長に大きく影響します。
近年、お子様の歯や顎の未発達が問題視されていますが、これらは噛み合わせや歯並びに影響をあたえるばかりでなく顎や顔の形が変形してしまう原因でもあります。

虫歯・病気やアレルギー

虫歯をそのままにしておいたり、あまり早い時期に抜歯をしてしまうと噛み合わせ、歯並びに影響します。 その他にも、アレルギー性鼻炎(花粉症)や扁桃腺などで鼻で呼吸することができず、口呼吸をする癖がついてしまうと歯並びが悪くなる原因になります。

噛み合せ、歯並びがあたえる影響

※ここに紹介する症状等が必ずしも噛み合わせ、歯並びが原因と断定するものではありません。

成長の阻害

噛み合せが悪いと、背骨、骨盤、筋肉などのバランスに影響をあたえます。特にお子様の成長を阻害する要因にもなります。
その他、病気などへ影響することも考えられます。

性格への影響

いつもイライラしている、落ち着きが無いなど体のバランスが崩れ自律神経を圧迫することよる弊害や、心無い中傷などにより内向的になったり、精神的苦痛によるストレスの原因にもなる場合もあります。

発音への影響

発音は舌、口腔内の状態などが大きく影響します。
お子様のサ行、タ行の発音をよく聞いてあげてください。反対咬合(はんたいこうごう、受け口)、開咬(かいこう)などの症状がある場合に発音へ影響します。

*その他の影響については成人の矯正治療もあわせてご覧ください

いつ頃から治療をおこなうのがよいのでしょう?

矯正治療をはじめる時期について

矯正をはじめる時期に関しては様々な意見がありますが、基本的にはお子様の症状の程度、検査・診断、観察により適正な時期を決めるのが望ましいと思われます。
お子様の歯並びが気になるようでしたら一度ご相談ください

子供の矯正治療例 Nちゃん(7歳)

子供の矯正治療例 治療前 治療後

子供の矯正治療例 詳しい治療経過

症状 - 受け口(下顎前突、反対咬合)
原因:上顎の前歯の傾きが内側に入ってしまっている。
治療方法:上下前歯4本に装置をつけ、噛み合わせを改善した。

治療後の感想
受け口が治り、本人も食事がしやすくなったようです。せっかくきれいに治りましたので、これからも歯磨きをしっかりと続けさせたいと思います。